5感育食育編「必ず野菜好きになる離乳食からの食育法」

9組のママたちが集まりました。日本5感育協会「必ず野菜好きになる離乳食からの食育法」

食育を学び始めて20年以上。中学生の頃、薬アレルギーを発症したのが始まりです。通常のアレルギーは治る可能性もありますが、薬アレルギーは治るどころか年を重ねるうちに、どんどん合わないお薬が増えてくるのです。今はピリン系のお薬は全滅です。昨年は、歯医者の麻酔もダメなことに気づいたのです。
子どものころに詰めた、歯の詰め物を取り換える作業で麻酔を打ってもらったら、なんと麻酔が口元から体の中を通って足元まで下りて、上へ戻ってきて心臓のあたりで止まるのです!びっくり~!!!!!
歯茎に打った麻酔が、体中をめぐるのがわかるって、ホントにびっくりしました。
心臓付近で止まった麻酔ちゃん。その後私の心臓はバクバク鳴りはじめ、呼吸がしづらい状態に~~。
手を挙げて体を起こして、少し深呼吸をしてあと処置をしてもらいましたが、その心臓のバクバクは夕方頃まで続きました。

離乳食の話でしたね。すみません。
話を戻します。7か月ごろから始める離乳食はおかゆの後、緑物のペーストから始めます。

甘めのかぼちゃ、バナナ、さつまいも、完熟フルーツなどは、1歳半ごろまではあげません。
1歳半を過ぎたら、フルーツをたくさんあげます。
お菓子類はまだまだあげません。

お母さん、子どもを守るのはあなたです。
大切な大切な、お子さんの身体を守りましょう。
少しくらい神経質になるくらいが、ちょうど良いのです。

大切なことほど 面倒くさいものです。

面倒くさいことほど 大切なことなんです。

味覚の第1臨界期は、1歳半。

第2臨界期は3歳です。そこまで頑張れば、もう心配はないですよ。

下の子が生まれたらなら、上の子にも、言ったらちゃんとわかってくれますよ。
「3歳まではお菓子は食べられないからね。下の子の前ではお菓子食べないで、見えないところで食べてね。」
上の子がお菓子食べるから、下は絶対無理~~なんて思わないでね。

5感育食育講座、前6時間です。ご希望に応じて単元別に講演しますよ。日本中どこへでも行きますよ。
あなたのお子さんを守ってほしいから。

あなたにオススメの情報

  1. 0歳からの思いやり育て

  2. ペクチンフリー そのまんまフルーツオーガニックジャム作り~~…

  3. 粉無し油無しホワイトシチュー 食育セミナー

  4. 5感育食育勉強会

  5. ゆうわ認定こども園、認可ここわ保育園 5感育調理実習2回目が…

  6. オーサワジャパン&ぱるずコラボお料理教室

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

Facebookページ

LINE@登録

友だち追加

お友達のサイトです。

NPO法人フードバンク2h沖縄

フード=食品、バンク=銀行、直訳すると「食品銀行」のこと。まだ食べることができるのに捨てられてしまう食品が日本中にたくさんあります。そんな食品を企業や個人から寄付してもらって、必要としてる人たちへ届ける活動です。