タッチケアと自己肯定感

自己肯定感とは読んで字のごとく自己を認め肯定的に捉えることができる感情のことです。
自己肯定感の高い子どもってどういう子なのでしょうか?また、親自身が高い自己肯定感を持つにはどのようにしたら良いのでしょうか?ここでは、両者の目線から見ていきたいと思います。

三つ子の魂100まで

言われる通り、乳幼児期の接し方は、その後の人格性格形成に大きく影響を及ぼすのはもちろんです
周りの養育者が、穏やかで優しく、たくさんのふれあいの中で育つと、きっと穏やかで優しい子に育つでしょう。
横暴な家庭で育つと、横暴な子になるでしょう。しかし、世の中の親は皆そのようなマリア様のような子育てができるでしょうか?「頭ではわかっていても、思う通りの子育てはなかなかできない」と言うママ達は多いのではないでしょうか?

私だって同じです。頭ではわかっていてもついつい、子どもを叱りすぎてしまったり、仕事などいろいろなストレスから子どもへ当たってしまったりしたことだってあります。何度も後悔し、自分を責め、子どもに謝ったことだってあります。

私は第一子の長女を出産し、順調に子育てができているイメージをし、本当にイメージ通りに子育てができている気がしていました。
約1歳10ヶ月違いの次女を出産するまでは、です。

まだまだ甘えたい盛りの2歳前です。泣くと抱っこされる次女を見て、自分も意味もなく泣いてはママに抱っこせがみ、保育園から長女を迎えてから夫が帰宅するまでの間の、時間をどう過ごすかが毎日の私の課題で、戦いでもあるように感じました。
そして、第二子と4歳違いの第三子誕生。長女は小学校に入学し、毎日宿題などを見てあげます。次女だってかまって欲しい、三女はまだぴよぴよちゃんでフルタイムの仕事に家事です。もちろん夫も多少は手伝ってくれますが、子ども達はママとのふれあいを第一に求めてきます。
マリア様の様な子育ては、私には無理でした。

もう間に合わないの?

話を元に戻すします。うちの子はもう5歳、うちの子はもうすぐ中学生・ ・ ・「今からでは間に合わないの?」「遅かったのかな・ ・ ・」よくそんな声を聞きます。結論から言います。

十分に間に合います。いつからでも、親の接し方次第で大きく変わります。
もちろん親以外でも周りで関わる友人や恩師など影響力のある人々との触れ合いで人間は大きく変われるものです。

しかし、幼少時からの育った環境はその後の人生に大きく影響及ぼす事は言うまでもありません。ものすごく貧困な家庭で育ったが故に、それが糧となり肥やしとなり大きなハングリー精神を持って大成功する人もいます。
一方、親が大成功を収めた超裕福な家庭でも、自分自身の力で成功したい一心で親の力を借りず、大成功する人もいます。いずれにせよ、高い自己肯定感を持っていることが否めません。
では、自己肯定感の高い子を育てるには、高い自己肯定感を持った接し方をする必要がありますよね。では保護者はどうやって高い自己肯定感で子どもと接したらよいのでしょうか?これは、一言で言い切ることができません。全てを書くと膨大な量になってしまうので、ここでは1部を説明いたします。

まず子どもの対応にできるだけ「ノー」など否定的な言葉は使わず、一瞬止まって考えるのです。今この子の要望に「イエス」と言ったらどんな悪い影響が起こる?そう考えたら、ほとんどが「イエス」でも問題ないことが多いことに気づくでしょう。費用が伴うような物理的な欲求は別ですが。

あまりにも「ノー」が多いと子どもは「どうせまたダメだと言われるから・ ・ ・どうせまた怒られるから・ ・ ・」と自分の言いたいことを言わなくなる(言えなくなる)可能性があるからです。つまり、親の返答を普段の会話から推測してしまうのです。

「ノー」を堪えるのなら、なぜ「ノー」なのか、また「イエス」であってもなぜ「イエス」て答えたのかを、子どもが納得のいくように説明してあげることが大切でしょう。

特に1歳頃から幼稚園児位の子ども達は、突拍子もないことを言ったりしたりとついつい「ダメダメ〜、うるさい、ダメ〜、イヤ〜」など親の都合や価値観でイエス、ノーを言ってしまいがちです。よくよく周りを見ていると、よく「ノー」で答えている親が多い事に気づきます。そして、怒らなくても良いところで、感情的に怒って答えている様子が見えます。第三者の立場から見るとよく状況が見えるものですよね。

できるだけ、(全面的にと言いたいくらいですが)、子どもの言葉を受け入れてあげることが大事です。そして間違っていたことがあるならしっかり説明してあげます。失敗しても間違っていても子どもを肯定して受け入れ、子どもの意見をしっかり聞いてあげることが自己肯定感を高めるための大切な要素の1つなのではないでしょうか?

5感育タッチケアでは、わらべうたや童謡などを歌いながら乳幼児にマッサージをしていきます。
生後すぐに始められる、5感育タッチケアは、歌って触れてあげる事で、「あなたと事を大切に想っているのよ」と言うメッセージをたっぷり伝えてあげるのです。
そんな小さなことから繋げ高める自己肯定感も良いのではないでしょうか?

日常の子ども達に向ける言葉一つ一つが、子ども達の「自分は大切にされている」と言う気持ちを積み重ね、自分自身を大切にしていくことを覚えていくのです。

子は宝。言葉と同様毎日毎日、たくさんたくさん触れ合いのシャワーを浴びせ、たくさん抱きしめてあげましょう。意識して触れ合うことで子も親も変わっていくことが実感できるかもしれませんよ。そんな時に「育児の手ごたえ」を感じるのです。

あなたにオススメの情報

  1. 「スキンシップが影響する人格形成と自己肯定感」inちゅらさん…

  2. 親と子、祖父母のと共存する上での子育て

  3. 5感育タッチケア&オペア留学

  4. 娘達と映画鑑賞ウィル・スミス主演「幸せのちから」

  5. 毎週火曜日の5感育タッチケア

  6. 5感育タッチケア

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

Facebookページ

LINE@登録

友だち追加

お友達のサイトです。

NPO法人フードバンク2h沖縄

フード=食品、バンク=銀行、直訳すると「食品銀行」のこと。まだ食べることができるのに捨てられてしまう食品が日本中にたくさんあります。そんな食品を企業や個人から寄付してもらって、必要としてる人たちへ届ける活動です。