中学卒業おめでとう。母より

中学卒業おめでとう 母より

 
長女の卒業式。
卒業おめでとう㊗️
生まれてから、あっという間の15年間。
彼女が、お腹の中に来てくれたと分かった時、本当に心から嬉しかった。
妊娠中、初めてお腹を蹴った時、初めて母親になることを感じた、あの時の気持ち。
女の子だと告げられた時、オードリーヘップバーンの写真を部屋に飾って、ずっと見ていた。
美人な子が生まれるといいなって、思って。
苦しかった陣痛を乗り越えて、初めてこの子を抱いた時、何とも言えない幸せを感じた。
小さい手と、小さな足と、小さな体。
柔らかな肌。
育児休暇中、毎日毎日、一瞬も離れることなく一緒にいられる事がとても幸せだった。
誰かに預けたいなんて、全く思わなかった。
片時も離れず、まだ言葉も話せない娘に向かって、ずっと話しかけていた。
初めて寝返りをした時、初めて掴まり立ちをした時、初めて歩いた時、初めてママと言った時、初めて保育園に登園した時のこと、全て昨日のことのように覚えている。
 
 
ママ〜ママ〜と泣いている娘の泣き声を聞いて、保育園の外で私はずっと泣いていた。
泣きながら出勤した。
母乳を飲んでいる感触も、抱っこしていた感触もずっと覚えている。
毎日大好きよと言って、登園の時とお迎えの時には、毎日強く抱きしめた。
すると、近くにいる園児達が、私にハグを求めて集まるようになった。
1人1人にハグをするようになった。
側で見ている娘は、ヤキモチを焼いて泣いたりもした。
帰りの道中では、毎日ママ大好きよ〜と言ってくれた。
下の子が生まれたら、毎日ヤキモチを焼いて抱っこを求めて泣いていた。
スリングを使いながら、2人を抱っこしていた。
でも、ずっと感じていた。
 
 
ママを独り占めしたいと、心の中で言葉に表せない感情がある事を、わたしはずっと感じていた。
そんな幼少期だった。
彼女は、自分の感情を言葉に表すのが苦手なまま成長したと思う。
どんな中学生になるのだろう、どんな高校生になるのだろう。
幼い頃はずっとそう思っていた。
ママ大好きだった彼女には、順調に思春期が来て、順調に反抗期も来ている。
振り返ってみると、反省ばかりの母親だった気がする。
100点の母親なんてどこにもいない、そう思っていても、周りにもそう言っても、自分の事になると欠点ばかりが目につく母親だった。
ゴメンね。
謝らなきゃならない事が、たくさんあるね。
本当にゴメンね。
 
でも、あなたが生まれてきてくれて、下の子2人が生まれてきてくれて、子育てと言う最高のプレゼントがもらえて、ママは本当に幸せでした。
これからも、まだまだ続く成長を応援させてください。
子育ては、私の人生の中で最高の幸せをもたらしてくれる。
子どものためだったら、なぜか無限のエネルギーが湧いてくる。
不思議…
これから大人の階段を登って行く娘へ
ありがとう。
ずっとずっと、ありがとう。
 

あなたにオススメの情報

  1. クリスマスイブ❤のメニューのリクエスト

  2. 合唱祭

  3. 三女と公園へ

  4. サプライズ誕生日パーティー❤

  5. 娘達と映画鑑賞ウィル・スミス主演「幸せのちから」

  6. 小学校最後の体育フェスティバル

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

Facebookページ

LINE@登録

友だち追加