二重結合の浮気相手

二重結合の浮気相手とは

ナード・ジャパンのアロマテラピーは、決して難しくはありません。

勉強はなんでもそうですが、理解できると難しいどころか、スッキリとした爽快感に変わるのです。

 

アロマって、リラックスできて良いよね。

アロマって、肌に良いんだってね。

アロマって頭痛に良いんだってね。

アロマ使ったら、体調が良くなるのだってね。

 

なぜ?どうして?がわからないと、間違った使い方をしている事もあるのです。

使っている人から教えてもらったから大丈夫。そう思っていても、思わぬ落とし穴があることも!

しっかり学んでこそ家族を守れるのですよ(^_-)-☆

 

精油の化学がわかると、油の酸化のことや香りの揮発性、肌への透過性(浸透性)も理解ができます。

とても楽しくなります。私は高校化学が全く、全くダメでした。

化学記号を見た瞬間、頭がボーっとし、脳がフリーズし、強制終了でした(笑)

そんな私でも今は楽しいと思えるのです。

難しいことって、伝え方もすごく大事ですね。

 

そんな本日の化学は、私の両手をフル活用し精油の二重結合の話をさせて頂きました。

実習では、頭痛改善オイル、抜け毛改善オイル、集中力オイルを作っていただきました。

生後2か月から、生後10か月までのベビちゃん達も一緒に学びました。

 

原子と分子の事は、誰もが学んでいますよね?

原子とは、全ての物質を構成している最小の粒子であり、最小単位ですね。

原子と原子が結合すると分子になる、ということも学びましたよね。

忘れていましたか?
学んだ記憶がない?それでもいいのです。今わかれば、それでOKOKよ(^_-)-☆

 

まず、手が一本ずつしかない原子と、手が二本ある原子とがあるのですが、

手が一本ずつしかない原子同士は、お互いがしっかり手と手を繋いでいます。手を放してしまうと、二人ともバラバラになり生きていけないから。

だから、しっかり手と手を取り合い安定しているので、幸せで心が飽和状態なのです。

これを、化学的な言い方では「不活性」と言います。

落ち着いて動かず安定している=不活性

 

では、手が二本ある原子はどうでしょう。

一本の手を放しても、好きな相手とは繋がって入れるので、なんとなんと!、もう片方の手を放して違う相手と浮気しちゃうのです!!

だから、常に不安定状態で、心も不飽和状態よ!

ひどいですよね~~片方の手をフラフラさせて別の物質と浮気するなんて、何てこと!

これを、化学的な言い方では「活性」と言います。

片手で本命としっかり手を繋ぎ、もう片方の手をフラフラさせる不安定な手=活性

 

その浮気相手こそが、酸素なのです。

 

手が二本あればあるほど、あっちこっちでたくさんの酸素と浮気しちゃうのです。

それを酸化といいます。

さて、皆さんが食べているその油は、手が二本ある原子をいくつ持っているのかしら?

精油だけでなく、普段の油を選ぶのにも役に立てますよ(^_-)-☆

あなたにオススメの情報

  1. アロマ・アドバイザー講座 (精油の化学について)

  2. 4月5日とっこさんのジョインハーツ5感育

  3. あったらいいな こんなフェイシャルエステサロンὉ…

  4. 第4回 アロマで快適なウィルス予防in宜野湾市中央公民館

  5. ナード ジャパン アロマクラフトinママビー +アロマアドバ…

  6. アロマでハウスケア

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

Facebookページ

LINE@登録

友だち追加