真皮層まで美容成分吸収!!

真皮層まで美容成分吸収するのがケモタイプ精油

精油とは主に肌へ塗布して効果を得ます。
肌へ塗布するということは、浸透性や吸収性を理解していないと、とんでもないものを肌にぬりぬりしていることもあるのですよ。

皆さんが使用している基礎化粧品は大丈夫でしょうか・・・
さてさて、先日は水の分子量が18だと、学生時代の復習をいたしました。
お肌は分子量500以上のものは透過させません。
ちなみに、ヒアルロン酸の分子量1,000,000 コラーゲンの分子量300,000ですよ!!

お化粧品は美容成分の他に、たくさんのものが入っていますが、その美容成分やその他のものが、お肌のどの程度の位置まで入っていくのかを知ることはとても大事です。
それは、美容に限らず、頭痛、腰痛、風邪インフル、捻挫その他いろいろな症状の改善にも繋がることなのです。

お肌は、肌表面から「表皮」→「真皮」→「皮下組織」と地層のように分かれています。
その表皮も大きく分けて4断層に分かれています。
その6断層の上の一番上が「角質層」です。角質層の下に、顆粒層、有棘層、基底層と続き更にその下には色素細胞であるメラノサイトがあります。
ほとんどのお化粧水や美容液は角質層止まりです。
ナノサイズと言われるサイズのお化粧品も同様です。

皮膚本体である真皮には到底たどり着けません。
角質層の下にはまだまだ地層ならぬ、「肌層」が連なっているのですから。
精油の成分である「皮膚組織再生作用」「皮膚弾力回復作用」「収斂作用(肌を引き締める作用)」「瘢痕形成作用(肌の傷を修復する作用)」「皮膚強壮作用」「抗色素沈着作用」「抗シワ作用」「細胞組織再生作用」などは、分子量が小さいので表皮のすべてを通過し真皮層までたどり着くのです。

私は、時間がたつと目じりの小じわに毎回ファンデーションがたまり、トイレに行くたびに手で小じわを擦って、小じわに入り込んだファンデーションを消していました(笑)
ホントにホントですよ~(笑)
世界一だと自負しているビューティオイルを使用し4~5年経ちますが、その小じわはいつの間にか消えて、手鏡で化粧してファンデーションが厚塗りになった時でも、小じわにファンデーションが埋まらなくなりました(笑)

現在はナード・ジャパン アロマ・アドバイザー4名の受講生が受講中。そのうち3名がベビちゃん連れです。
2か月、6か月、10か月。かわいい💛かわいい💛かわいい💛・・・💛

近々、「ケモタイプ精油 フェイシャルクラフト」を開催しますので、案内をお見逃しなく~~~
クレンジングから始まる肌再生基礎化粧品を一緒に作りましょうね(⋈◍>◡<◍)。✧♡

あなたにオススメの情報

  1. アロマテラピー勉強会

  2. アロマアドバイザー

  3. ナード ジャパン アロマクラフトinママビー +アロマアドバ…

  4. アロマ勉強会

  5. 9月受講生合格!!

  6. aromaの底力

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

Facebookページ

LINE@登録

友だち追加